引っ越しのお金がない!引越し費用が払えない時どうする?

MENU

引っ越しのお金がない!引越し費用が足りない場合どうする?

 

アイフル

引っ越しお金がない

 

引っ越しお金がない

即日融資は平日14時までに契約完了が条件

審査結果によっては希望に沿えないこともあり

 

 

引っ越しする上で心配となるのが「費用」です。

 

引っ越しして住む家を変えるにもお金はかかります。

 

引っ越しのお金がない場合、身内や友人に手伝ってもらえば料金はかなり安く済ませられます。

 

ですが、急な引っ越しとなれば、なかなかそうもいきませんよね。

 

そうなると、ほとんどの人は引越し業者に依頼することかと思います。

 

でも引っ越しなんてそうそうするものじゃないから、「いくらぐらいの引っ越し費用がかかるのか分からない」という方も多いかと思います。

 

また、「引っ越ししたいけど、引っ越しのお金がない」という方も多いのではないでしょうか?

 

引っ越しすると言っても、引っ越しにかかる費用は引越し業者に対して支払うものだけではありません。

 

引越し先でかかる費用も考慮しなければいけず、総額すると最低でも20万円以上はかかると思ってよいです。

 

引っ越しのお金がないと思っている人が多いのも、うなずけます。

 

前々から引っ越しすることが分かっているのであれば、それに合わせて引越し費用の準備も出きます。

 

ですが、急に引っ越しすることになった場合は、引っ越しのお金がないという方が殆どではないでしょうか?

 

引っ越しのお金がない場合、どうやってお金を工面すればよいのでしょうか?

 

ここでは引っ越し費用にまつわる様々な疑問をまとめてみました。

 

 

【このページの目次】

 

引っ越しにかかる費用っていくらぐらい?

 

引越しにかかる費用は、「荷物の量」や「移動距離、引越し業者」、さらに「引っ越し時期」によって大きく変わってきます。

 

引っ越しの時期には繁忙期とオフシーズンがあります。

 

新生活が始まる3月〜4月は引っ越し業界は繁忙期ですから、引越し業者の料金は高めの設定になります。

 

 

では、まず「オフシーズン時の引越し料金の相場」について見ていきましょう。

 

実は料金は曜日によっても変わってきます。

 

ですので、引っ越しのお金がないと感じている場合、ある程度時間に余裕のある方は「日程の候補」をいくつか出した方が良いでしょう。

 

そして、料金を比較して何曜日に引っ越しするのか決めると良いです。

 

引っ越しオフシーズンは、引越し業者の予定が空いていることが多いですから、予定も組みやすいです。

 

 

 

 

一人暮らしするときの料金相場

 

次に、一人暮らしの方の引っ越し料金の相場です。

 

一人暮らしといっても、荷物の量と移動距離でも料金は異なります。

 

「荷物が少なめ」で、移動距離が「15km未満・同市区町村」程度ですと、平均で「26000円」、
「50km未満、同都道府県」程度でも「26000円」となります。

 

荷物が少なめで移動距離が「50km程度」なら、引越し料金は3万円もかからないケースが多いようです。

 

引っ越しのお金がないと考えている人にはありがたいですね。

 

 

移動距離が更に長くなると、距離は今よりも1万円程度UPします。

 

200km未満なら35000円、500km未満なら48000円、それ以上になると56000円以上となります。

 

 

 

 

一人暮らしするときの引越し料金は?

 

では、「一人暮らしで荷物が多めの場合」の引越し料金の相場を見てみましょう。

 

移動距離が15km未満は32000円、50km未満で35000円となります。

 

荷物が少ない場合は、移動距離50km未満なら3万円以内で収まりました。

 

ですが、荷物が多くなると距離が短くても3万円以上料金がかかるケースがほとんどのようです。

 

 

移動距離が200km未満の場合は46000円、500km未満は72000円、500km以上は88000円となります。

 

移動距離が200kmを超えると、荷物が少ない場合と比較すると2万円近くの差が出てきます。

 

500km以上になると3万円以上もの料金差が出てくるようですね。

 

引っ越しのお金がない場合は、荷物の量もよく計算しておきましょう。

 

 

 

 

2人家族で住む場合の引っ越しにかかるお金は?

 

次に、2人家族の場合の引っ越し料金の相場を見てみましょう。

 

2人家族の場合は全平均して78000円となります。

 

15km未満でも63000円以上、50km未満は68000円が相場となります。

 

 

引っ越しのお金がないと考える一人暮らしの人と比較して、2人家族ですと荷物が多くなりますので、引っ越しするのにかかる費用は倍以上となります。

 

移動距離200km未満でも料金は103000円と一気に跳ね上がります。

 

500km未満で138000円、500km以上ですと170000円以上かかります。

 

 

 

 

4人家族、5人家族の引っ越し費用はいくら?

 

4人家族、5人家族になると、引っ越し料金や費用は、当然ながらもっと高くなります。

 

移動距離が15km未満でも平均で80000円近くかかりますし、50km未満でも100000円以上は最低でもかかってくると思ったほうが良さそうです。

 

 

ただ、あくまでも「一般的な相場です。

 

例えば、作業の開始時間や曜日を調整することで料金を安く済ませることも可能です。

 

引っ越しのお金がない場合ありがたいですね。

 

 

引っ越しオフシーズンは、引越し業者の需要が減りますので、料金の相談をしやすいです。

 

ですから、引っ越しのお金がない時に、「少しでも引っ越し料金・費用を安くすませたい」という場合はチャンスと言えるでしょう。

 

 

 

 

繁忙期の引っ越しは費用は割高に!

 

繁忙期の引っ越しとなると、引越し業者の需要は一気に高まります。

 

当然、引っ越し費用や料金も高くなる傾向にありますので注意が必要です。

 

引っ越しのお金がない人にとってはつらい時期です。

 

 

例えば、一人暮らしの引越で15km未満でも料金は33000円以上、2人家族でも78000円以上、4人家族で100000円以上と、
引っ越しオフシーズンに比べて10000円以上料金が高くなる傾向にあります。

 

 

引っ越しの繁忙期になると、トラックの台数や作業員の人数を減らして対応するケースが多いため、その分コストが多くかかってきます。

 

ですので引っ越し繁忙期は、どうしても引越しにかかる費用は多めになります。

 

 

 

 

引越し費用以外にもお金はかかる

 

引っ越しは引越し業者に対して支払うだけでなく他にも色々と費用がかかってきます。

 

敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・日割り家賃・管理費・共益費・賃貸保証料等です。

 

これらの費用と引越し料金を合算すると一般的な相場は家賃6ヶ月分と言われています。

 

例えば家賃6万円の物件に引っ越しする場合は約36万円ほどの費用総額になると思ったほうが良いということになります。

 

 

 

 

引っ越しのお金がない時、資金を作るためには?

 

上記で述べてきたように、引越しにかかる費用はかなり高額となります。

 

「現在の自分の給料をいきなり倍にする」なんてことはできませんから、引っ越しのお金がないなら、何か別の方法で「引っ越しのお金」を工面しなければいけません。

 

 

引っ越しのお金がないような「一時的にお金が必要な場合」にオススメの方法として、「登録制バイト」があります。

 

登録制バイトは派遣会社に登録を行い、自分の都合の良い日だけ働いて給料をもらう事ができます。

 

 

定期的に仕事情報がメール、もしくは電話にて案内が来ますので、内容を確認して働くかどうかを決めます。

 

引っ越しのお金がないからといって、自分に合わない仕事だったり都合がつかない場合は選ぶ必要はありません。

 

つまり自分の都合に合わせて働くことが出来ます。

 

 

支払いは日払いが基本ですから、チョットだけ引っ越しのお金がないと言う場合にも最適です。

 

一般的なアルバイトと違って同じ職場で働き続けなければいけないなんてことがありません。

 

ですので、引っ越しのお金がないからといっても、人間関係で悩むこともありません。

 

登録制のバイトの中にも給料が大きい仕事もあります。

 

ですので、「短期でガッツリと引っ越し費用を稼ぎたいという方は、そういった仕事を中心に働いてみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

引っ越しする際には「引越し先に持って行かないもの」や「捨てるもの」も沢山あるかと思います。

 

引っ越しのお金がないなら、その中でリサイクルショップで売れそうなものがないかを探してみると良いでしょう。

 

 

大きな金額にはならないかもしれませんが、引っ越しのお金がない時に少しでも足しにできるものは売って、引っ越しのお金に換えたほうが良いです。

 

不要品を処分できる上に、引っ越しのお金がない時にお金も手に入るわけですから、まさに一石二鳥ですよね。

 

 

「引越し準備で忙しくてリサイクルショップに行ってる暇がない」という方は、インターネットでの一括見積もりサービスを利用し、最低額の比較を行いその中で一番高く買い取ってくれる業者に買取を依頼すると良いでしょう。

 

宅配買取り・出張買取ですから、自宅まで商品を取りに来てくれます。

 

ですので手間もかかりませし、引っ越しのお金がない分を少し補充できます。

 

 

また、リサイクルショップだけでなく質屋で買い取りしてもらうのも手です。

 

引っ越しのお金がないなら、ブランド物のバッグや財布、時計、貴金属などは質屋で高価買取の可能性が高いですから、一度査定してもらうと良いです。

 

 

付属品があると、買取価格が上乗せされる場合があります。

 

ですので、付属品は必ずつけるようにしましょう。

 

引っ越しのお金がないなら、細かな部分まで気をつけるのがオススメです。

 

アイフル

引っ越しお金がない

 

引っ越しお金がない

即日融資は平日14時までに契約完了が条件

審査結果によっては希望に沿えないこともあり

 

 

引っ越しのお金がないときの【秘策】とは?

 

アイフル

引っ越しお金がない

 

引っ越しお金がない

即日融資は平日14時までに契約完了が条件

審査結果によっては希望に沿えないこともあり

 

 

「引っ越しのお金がないけど、今直ぐにでもお金をなんとかして、引っ越ししたい」という人も多いでしょう。

 

例えば「急に転勤が決まった」「最近ストーカーに悩まされている」など、「引っ越しのお金がないのに、やむを得ない事情や身の危険が差し迫っている」といった理由で、引っ越しせざるを得ない状況もあります。

 

 

「引っ越しのお金がない時に、急ぎで引越し費用を工面しなけれいけない」という状況の時は、大手カードローンでサクッとお金を借りるのが一番早くてオススメです。

 

 

大手カードローンなら最短即日でお金を借りることも可能です。

 

ですから、「引っ越しのお金がない」など、急いでお金を用意しなければいけない状況の時に非常に役立ちます。

 

 

ただし、誰でも簡単にカードローンで引っ越し費用を借りれるわけではありません。

 

きちんと「お金を借りる審査」を通過しなければ、引っ越しのお金を借りる事はできないのです。

 

 

お金を借りるからには、ちゃんと後から返さなければいけません。

 

ですのでお金を借りる本人に十分な返済能力がないと、引っ越しのお金を貸してもらえないのです。

 

 

つまり「、働いて安定して収入を得ている人」でないと、引っ越しのお金がない場合でもカードローンを利用することは出来ないということです。

 

 

 

カードローンの審査で特に重視されるのは「収入」と「信用情報」の2点です。

 

 

収入は多いほうが審査は有利になりますが、重要なのが金額よりも安定性です。

 

引っ越しのお金がないとしても、「毎月きちんと収入を得ているか」「金額にバラつきがないか」を審査で厳しくチェックされます。

 

 

また、勤続年数も収入の安定性を図る上で重要となります。

 

1つの職場に長く勤めていれば、それだけ仕事が安定していると見なされやすくなります。

 

ですので、勤続年数も審査通過する上で非常に重要となります。

 

 

カードローンで引っ越しのお金を借りたいのであれば、勤続年数は最低でも半年以上必要です。

 

ですが、最近は厳しくなってきていますので1年以上でないと、カードローン審査に通らない可能性が高くなってきています。

 

引っ越しのお金がない状況であっても、当然ながら「働き始めたばかりの人」や「日雇いバイト」ですと、引っ越しのお金を借りる事は難しくなるでしょう。

 

 

「信用情報」とはローンやクレジットカードの利用履歴のことをいいます。

 

「どんな借り入れをしてきているか」「返済はきちんと出来ているか」といった情報が記録されています。

 

返済延滞が一度でもあると、カードローンで引っ越しのお金を借りるのは難しくなります。

 

 

カードローンでの初回の借入限度額は10万円〜20万円程度になることが多いです。

 

引っ越しのお金に回すには十分といえるでしょう。

 

 

もちろん、収入額が多ければそれだけ借り入れできる金額も高くなる可能性もあります。

 

ですが、初回でいきなり高額な借り入れができるケースは稀です。

 

カードローンの借り入れだけでは引っ越しのお金がない分を賄えない可能性もありますので、その点は十分に理解した上で利用しましょう。

 


アイフル

引っ越しお金がない


引っ越しお金がない

即日融資は平日14時までに契約完了が条件

審査結果によっては希望に沿えないこともあり